血管外科 - 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

私たちの身体には動脈と静脈の2種類の血管があります。血液は、心臓から出発し、動脈を通って酸素や栄養素を全身に運んでいきます。そして、身体から出た二酸化炭素や老廃物を回収した血液が、静脈を通って心臓まで戻ってきます。静脈には、血液が逆流しないための「弁」がついているのですが、足の静脈は重力に逆らって血液を心臓に戻さなければならないため負担が大きく、「弁」が壊れることがあります。弁が壊れると、正常に血液を流すことができず、足に老廃物などが溜まっていってしまいます。これが下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)です。

下肢静脈瘤の症状

主な症状

  • 足がだるい
  • 足が重い
  • 足がむくむ
  • 足がつりやすい
  • 足が疲れやすい
  • 足にコブがある
  • 足の血管が浮き出ている
  • 足の血管が透けて見える
  • 足にアザのようなものがある

※以下のような方は、下肢静脈瘤になりやすいと言われています。

  • 美容師・理容師・調理師・ガードマンなど、立ちっぱなしの仕事をしている方
  • 妊婦(お腹に圧力がかかり、足から心臓へ血液がスムーズに流れなくなるため)
  • 年配の方(老化によって弁の機能低下が起きやすくなります)

【治療方法】

症状が一時的に治まったり違和感になれたりして放置してしまうと、悪化して足に潰瘍(かいよう)ができることもあります。当院では、初診時にその場で超音波を使った検査をすることができますので、上記の症状に当てはまる方は、まずは一度検査にいらして頂ければと思います。

症状レベル1 経過観察

ほとんど静脈に異常がない場合は、足の運動などのケア指導をさせて頂き、経過観察をします。

症状レベル2 医療用ストッキングの着用

医療用のストッキングを着用して頂くことで、むくみやだるさなどの軽度な症状は改善していきます。当院では、不必要に高価なストッキングは販売しておりませんので、ご安心ください。(約3,000円です)

症状レベル3 注射

足にある細い血管の中で血液が滞留し、血の色が見えるようになってくることがあります。これは「網目状静脈瘤」や「クモの巣状静脈瘤」と呼ばれています。このような症状が出てきた時には、注射で血管内に硬化剤を注入し、悪い血がそこに停滞しないようせき止めます。女性は特に足の血管が目立つことを気にされる方が多いのですが、注射を打つときれいに消えていきます。

症状レベル4 静脈切除

足にコブがある、太い血管が浮き出ている、潰瘍ができているなどの症状がある方は、太ももを通っている静脈を除去し、足全体の血液の流れを改善します。

当院のポイント

Point1

日帰り手術です

静脈を切除するとはいえ、全身麻酔や入院が必要な訳ではありません。当院では、的確な部分麻酔で痛みを感じることなく処置をすることが可能ですので、手術当日には歩行可能な状態になり、日帰りで帰宅して頂くことができます。

Point2

最低限の傷で処置します

以前は、この手術をするために10cmもメスを入れる必要がありましたが、今では太ももの付け根に2cm、膝の内側に0.5cm程度のメスを入れるだけで処置を完了することが可能になりました。この処置にはとても高度な技術が必要ですが、当院では長年に渡る臨床経験によって安全に治療をおこなうことが可能です。

Point3

レーザーよりも確実な治療法です

機能不全を起こしている静脈にレーザーを入れて内側から焼くという治療法もありますが、不必要な血管が体内に残るため、違和感が取れなかったり下肢静脈瘤を再発したりするリスクがあります。また、高機能なレーザーを使用すると自費診療になってしまい、患者さんの経済的な負担も増えてしまいます。当院では、治療効果と患者さんの負担の両面を考慮した上で「静脈を除去する手術」を治療法として採用しています。

Point4

コブも最小限の傷で治します

当院では、コブの除去手術も大きな傷をつけることなく、おこなうことが可能です。これまでは、コブに大きくメスを入れて除去する方法が主流でしたが、当院の院長が開発したマイクロフレベクトミという技術によって、刺し傷程度でコブを取ることが可能となりました。

横山内視鏡外科医院 お電話でのお問い合わせ 0120-50-7149 診療時間 9:00~12:00/15:00~18:00 ※月・日・祝日休診 患者さん一人ひとりの顔が見える医療を。数より質を大切にしています。
診療カレンダー 院長ブログ スタッフブログ 内視鏡動画 切らずに治す痔の治療:いーじーnetで当院を検索

新着情報

一覧へ >
2018/08/15NEW
8/25(土)は午前休診とさせていただきます
2018/05/16NEW
夏期休診のお知らせ:7月24日〜7月26日、8月14日〜8月16日は休診させていただきます
2017/12/01NEW
年末年始の休診は12/29〜1/4です。
facebook