体表外科 - 鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

私たちの内臓は腹壁(ふくへき)という筋肉で覆われています。しかし、その筋肉には少しだけ隙間があり、そこから腸が出てきてしまうことがあります。これが「鼠径(そけい)ヘルニア」で、「脱腸」とも呼ばれています。

主な症状

  • 下腹部が膨らむ
  • 排便やくしゃみなど、腹圧をかけたときに下腹部が出る
  • 下腹部が痛い
  • 下腹部に違和感がある

※以下のような方は、鼠径ヘルニアになりやすいと言われています。

  • 男性(男性の睾丸は、母体の中にいる頃は体内にあるものが、後に外に移動します。この通り道が残っているため、男性の方が鼠径ヘルニアにかかりやすい傾向にあります)
  • サッカーや吹奏楽など、お腹に力を入れる活動をしている方。
  • 65歳以上の年配者(筋肉の収縮が弱くなり、腸が飛び出しやすくなります)

治療方法

以前は、筋肉の隙間を縫い合わせる手術もおこなわれていましたが、再発率が高く、現在ではシートによって腸が飛び出る通り道を塞ぐ方法が主流になっています。

Point1

日帰り手術です

入院を伴わないため、手術後は歩行も可能で、その日のうちにお帰り頂けます。なお、手術時間は約1時間です。

Point2

痛みのない局所麻酔を実現しました

通常、この手術は全身麻酔でおこなわれ、局所麻酔では非常に大きな痛みを伴っていました。しかし、当院では患部以外にも適切な位置に麻酔を入れることで痛みのない局所麻酔を実現し、患者さんの負担を軽減することができるようになりました。

横山内視鏡外科医院 お電話でのお問い合わせ 0120-50-7149 診療時間 9:00~12:00/15:00~18:00 ※月・日・祝日休診 患者さん一人ひとりの顔が見える医療を。数より質を大切にしています。
診療カレンダー 院長ブログ スタッフブログ 内視鏡動画 切らずに治す痔の治療:いーじーnetで当院を検索

新着情報

一覧へ >
2018/08/15NEW
8/25(土)は午前休診とさせていただきます
2018/05/16NEW
夏期休診のお知らせ:7月24日〜7月26日、8月14日〜8月16日は休診させていただきます
2017/12/01NEW
年末年始の休診は12/29〜1/4です。
facebook