肛門外科 - 痔

痔には主に3つの種類があり、その発生原因や症状、そして治療法は異なります。また、便に血が混じっていて自分で痔だと思っていても、実は大腸にポリープがあったり腸内に傷がついていたりすることもあります。まずは検査を受けて、原因と症状に合わせて正しい治療をおこなっていきましょう。

※以下のような方は、痔になりやすいと言われています。

  • 座りっぱなしの仕事をしている
  • 立ちっぱなしの仕事をしている
  • トイレに行きたい時に行けない仕事をしている方
  • 妊婦

イボ痔

原因と症状

肛門は、筋肉(括約筋)によって開閉がおこなわれていますが、肛門の隙間をなくすために筋肉の周りを柔らかい粘膜が覆っています。通常は、肛門が開いて便が排出される時にこの粘膜に悪影響を及ぼすことはありません。

しかし、筋肉の締め付けが強い方は、排便時に十分に肛門が開かず、強い腹圧で無理やり排便することになります。すると、肛門にある粘膜に強い力が加わり、ずれ落ちてイボとなってしまうのです。これがイボ痔で、「イボが外に飛び出る」「排便時に出血する」「排便時に痛みを伴う」といった症状が出ます。

治療方法

内痔核・・・ 肛門の内側(中)にできたイボを内痔核と言います。内痔核は切除すると大量の出血を伴うことがあり、以前は入院手術がおこなわれていました。しかし、今は注射による治療が主流になっています。内痔核にジオンという薬液を注入することで、イボが数週間で収縮していきます。この注射治療は、非常に高度な技術が必要ですが、当院の院長はこの薬が日本に入ってきた当初の臨床試験から参加しており、多くの経験と症例を有しております。
外痔核・・・ 肛門の外側にある外痔核は、注射によって治療をおこなうことができません。また、イボが外側にあること自体が様々な支障を引き起こしますので、外科処置によって切除します。

【切れ痔】

原因と症状

肛門の開閉をコントロールしている筋肉(括約筋)の締め付けが強く、十分に開いていない状態で便が通った際に、肛門の粘膜に負担がかかり、切れてしまうことがあります。これが切れ痔です。症状としては、出血や痛みがあります。

治療方法

切れ痔になる人は、肛門の筋肉の締め付けがかなり強い傾向にあります。そのため、まずは軟膏をご自身で患部に塗って頂き、筋肉の締め付けが強くなり過ぎないように意識をして頂きます。肛門の筋肉のうち「内肛門括約筋」という筋肉は、自律神経によってコントロールされており、本来意識的に動きを調整することはできませんが、状態を自覚して意識することで徐々に締め付け過ぎることが改善されていきます。このように、本来コントロールできない身体の機能を、自覚・意識することで改善していくことを「バイオフィードバック」と呼んでいます。

また、バイオフィードバックでは症状が改善されない場合は、日帰り手術によって肛門の筋肉繊維を切断し、その力を弱める処置をおこないます。

痔ろう

原因と症状

肛門には、粘膜を潤すために肛門小窩という分泌腺があります。ここにばい菌が感染すると、粘膜の中で膿が溜まり、肛門の外側に破裂してしまいます。すると、肛門の内側から外側に向かってトンネルができてしまい、痛みや汚物の漏れなどの症状が出てきます。

治療方法

筋肉を切除すると肛門が閉まらなくなってしまうため、肛門の内側から外側まで通ってしまったトンネルだけを取り除き、その穴を塞ぐ手術をおこないます。

また、輪ゴムをトンネルに通し、3-6ヶ月に渡って締めつけることでトンネルの位置をずらしていき、最後は肛門の穴まで持って行くことでトンネルを完全になくす治療方法もあります。

メッセージ

当院では、局所麻酔と仙骨硬膜外(せんこつこうまくがい)麻酔を組み合わせることで、いずれの痔の手術も日帰りで受けて頂くことができるようになりました。最近排便時の痛みや出血が気になる肩や、今まで我慢していた方は、是非お気軽にご相談にいらして頂ければと思います。

横山内視鏡外科医院 お電話でのお問い合わせ 0120-50-7149 診療時間 9:00~12:00/15:00~18:00 ※月・日・祝日休診 患者さん一人ひとりの顔が見える医療を。数より質を大切にしています。
診療カレンダー 院長ブログ スタッフブログ 内視鏡動画 切らずに治す痔の治療:いーじーnetで当院を検索

新着情報

一覧へ >
2018/08/15NEW
8/25(土)は午前休診とさせていただきます
2018/05/16NEW
夏期休診のお知らせ:7月24日〜7月26日、8月14日〜8月16日は休診させていただきます
2017/12/01NEW
年末年始の休診は12/29〜1/4です。
facebook